資料請求・お問合せはこちら→
028-624-2546
お問合せフォーム

保育内容
保育理念

 

子どもの最善の利益を第一に考え、生きる力を育み心身共に健やかに育つ保育をします。家庭や地域社会との連携を図り、子どもの福祉を積極的に増進します。

 

 


保育方針

食べることや自然に触れ身体を動かして、遊ぶことが大好きで、心身共に丈夫な子どもを育てます。

地域交流や異年齢児と関わる中で、お友達と一緒にいると楽しいと感じ、仲間の気持ちを大切にできる子どもを育てます。

見通しの持てる保育環境の中で、一人一人が自分に自信を持って行動し、粘り強く考えたり、工夫して遊びを創り上げたりできる子どもを育てます。


保育目標

・応答的にかかわる大人との間に基本的な信頼関係を形成しながら、様々な欲求を表現する心地よさを味わい、生活のリズムを形成する。

・運動機能の発達とともに探索行動が現れはじめ、周囲の環境に興味をもってかかわっていこうとする。

・周囲の人や物に興味をもって、生活していくために必要な様々な行動を身に付けていく。

・生活の様々な場面で自分の欲求を行動や言葉で表現しようとする。

・運動機能の発達に伴って活発に活動するようになるとともに、ごっこ遊びをするようになる。

・運動機能や指先の機能の発達に伴い、身の回りのことを自分でしようとする。

・生活や遊びの中で、行動範囲を広げ、探索活動を盛んにしようとする。

・自分の意志や欲求を言葉で表現したり、自己主張したりする。

・ごっこ遊びなどを楽しめるようになる。

・基本的生活習慣が身に付いていき、自分で次の活動への見通しや思い、期待をもって生活しようとする。

・身の回りの物や人に自らかかわろうとしながら、知的な興味や関心を広げていく。

・友達への関心が高まり、気の合う仲間と見たこと経験したことを遊びとして展開していく。

・新しい生活に慣れ、保育者や友達に親しみを感じながら生活する。

・友達の遊びに興味を示しながら、自分のやりたい遊びを見つける。

・友達といろいろな遊びを楽しみながら、自分の力を発揮する。

・自分の考えを伝えたり、友達の考えを受け入れたりしながら遊びを広げる。

・年長になった喜びや自覚をもち、進んで生活や遊びに取り組む。

・自分なりの目的をもって、友達とかかわりながら遊びを広げていく。

・友達とのつながりを深めながら、自己発揮して生活に取り組む。

・友達と共通の目的をもって園生活を展開し、かかわりを深めていく。